本文へスキップ

トリマーになりたい!大好きなペットと過ごすお仕事

トリマーのお仕事

トリマーの資格/トリマー 資格

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』トリマー

トリマーの資格

トリマーは国家資格ではないので、仮に「トリマーの資格・免許」を持っていなくとも、トリマーとして名乗ったり実際にトリミングを行っても法律違反にはなりません。

言い換えれば「技術さえあればトリマーに資格は必要ない」 という事です。

しかし、ある一定の基準があったほうが色々と都合の良い場合があります。

例えば、トリミングスクールは「卒業試験」「卒業基準」として民間の資格、あるいは独自の資格取得を設けている学校が多くあります。

生徒たちは「資格の取得=一定基準のクリア」を目指して日々勉強をし、無事に合格できる頃(=卒業)にはトリマーとしてある程度の技術が身についています。

信用の高い資格取得を「ウリ」にする学校もあります。

就職活動では、面接時に「トリマーの技術力」を知る上での情報となります。

先にも述べましたが、「資格を持っている=トリマーとして一定基準をクリアしている」と判断できます。

よって面接時には「この人はある程度の技術を持っている」という参考にはなりますが、資格の有無で就職が有利になるかどうかは微妙なところです。

最近では資格の有無が重要視されることは少なくなっているのも事実です。

その理由として、必ずしも「"資格を持っているトリマー=優れたトリマー"ではない」という考え方や、メンタル面を重視する風潮が強くなっていることなどが上げられます


トリマーの資格は、今のところ公的に統一された資格テストはなく、各機関独自の認知テストをうけるか、JKC( ジャパンケネルクラブ)の資格を取得するのが一般的です。

JKCのトリマーC級をうけるには、18歳以上でJKC会員として2年以上在籍するか、JKC公認のトリマー養成機関で学ぶ方法が有ります。

C級に合格すれば、さらに実務経験を積んで、B級、A級、教士、師範の資格にもチャレンジする事が出来ます。

いずれにしても、美容の知識と技術だけでなく、動物全般の健康や飼育管理の知識等幅広く身に付ける必要が有ります。

けど、資格を取得して実務を重ね、技術を高めると同時に信頼を得ていけば、いずれ独立開業する事も夢では有りません。

努力次第で所得をアップさせていける職業とも言えますね。




犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』トリマー 資格

トリマー関連講座紹介

 トリマー  

ヒューマンアカデミーの通信講座

トリミング講座(ハサミセット/右利き)

提携団体のバックアップで通信講座でもハンデなし。業界で求められるトリミングスキルを習得!

ペット業界で必要とされる知識や技術を身につけ、独立・開業のビジネスチャンスを掴む。

ナビゲーション