本文へスキップ

トリマーになりたい!大好きなペットと過ごすお仕事

トリマーのお仕事

爪の手入れ/トリマー 資格

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』トリマー

爪の手入れ

グルーミング屋外暮らしや外でよく運動をしている犬では、爪も適度にすり減っています。

しかし、室内飼育の中・小型犬では爪があまり減らずに、放っておくと伸びすぎて先が曲がって歩きにくくなったり、カーペットなどにひっかかって折れたり、肉球にくい込んだりすることもあります。
 
部屋の中を歩いたとき、カチャカチャと爪が当たる音がするようなら、伸びすぎなので、カットする必要があります。

人間の爪は平らですが、犬の爪は筒状になっています。

犬の爪を切るときは、人間の爪切りではなく、犬用の爪切りを使用してください。

犬の爪の中には血管や神経が通っています。

深爪しないように気をつけながら、先端を切ります。深爪で痛い思いを経験した犬は、爪切りに懲りて、次から爪を切ろうとすると、嫌がって暴れるようになることもあります。
 
爪が白い犬の場合は、血管がピンク色をしているので、その手前で切って角を少し落とします。

黒や濃い色で血管が見えない場合は、切りすぎないように注意しながら先端を切ります。

深爪をして出血した場合は、慌てずに脱脂綿などで押さえて止血します。

なかなか出血が止まらない場合は、市販の止血パウダーなどをつけます。

飼い主が動揺すると、その動揺が犬に伝わり、ますます不安になるので、あくまでも冷静に対処しましょう。
 
爪を切った後は切り口がギザギザしているので、ヤスリをかけて平らにします。

ヤスリは往復でかけると爪がささくれだってしまうので、一定方向にかけます。
 
切り残しがないよう、全部の爪を切ります。特に、前肢内側の地面につかないところにある狼爪(親指)は見落としがちですが、自然にすり減ることはないので、先端をカットしてください。

狼爪は後ろ肢にある犬もいます。
 
シャンプーをした後は、爪がふやけていてやわらかいので、爪が大きくて硬い大型犬などは切りやすくなります。

爪切りが苦手な犬の場合は、2人で協力して行うとよいでしょう。

1人が犬を抱きかかえて肢を押さえ、もう1人が爪を切ります。

はじめのうちは、1日1本ずつでもよいので少しずつ慣らしていきます。

どうしても嫌がって切らせない場合は、トリマーや獣医師などのプロにお願いしましょう。


         


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』トリマー 資格

トリマー関連講座紹介

 トリマー  

ヒューマンアカデミーの通信講座

トリミング講座(ハサミセット/右利き)

提携団体のバックアップで通信講座でもハンデなし。業界で求められるトリミングスキルを習得!

ペット業界で必要とされる知識や技術を身につけ、独立・開業のビジネスチャンスを掴む。

ナビゲーション