本文へスキップ

トリマーになりたい!大好きなペットと過ごすお仕事

トリマーのお仕事

目・耳の手入れ/トリマー 資格

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』トリマー

目・耳の手入れ

グルーミングシーズーやパグなど目と鼻の高さに差のない犬種では、目ヤニや涙が出やすくなります。

目ヤニや涙が出ていたら、湿らせた脱脂綿やウェットティッシュで軽くふきます。

涙は放っておくと、毛が赤く変色して「涙やけ」が起こります。

ひどくなると目のまわりの皮膚がただれてくることもありますので、涙や涙やけが激しいときには、獣医師にご相談ください。

垂れ耳の犬は、耳の中の通気性が悪いために、分泌物がたまりやすく、外耳炎になったり、耳ダニが発生したりしやすいので、耳のそうじもこまめにしましょう。
 
また、耳の穴にびっしりと毛が生えている犬もいます。

耳の中にぼさぼさと生えている毛は、通気性をよくするために、ときどき指先でそっとつまんで引き抜きます。
ペットショップなどで市販されているイヤーパウダーを事前にふりかけると、毛のすべりが抑えられて抜きやすくなります。

耳の皮膚をつままないように注意しながら、無理をせずに指の届く範囲で抜きましょう。

耳の汚れは、月に1〜2回、脱脂綿や綿棒などで掃除します。

専用のイヤークリーナーを入れて耳の後ろから軽くもむと、犬は頭を振るので、耳の中の汚れが出てきます。

耳の外の汚れを穴の中に押し込まないように気をつけながら、外側の汚れからやさしくふきとります。

耳の中の皮膚はやわらかく、ゴシゴシこすると炎症を起こしてしまいますので、こすりすぎないよう、耳の入り口付近を軽くふく程度にします。
 
耳の汚れがひどかったり、耳垢や耳だれが出ていたりしたら、動物病院で治療を受けましょう。


         


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』トリマー 資格

トリマー関連講座紹介

 トリマー  

ヒューマンアカデミーの通信講座

トリミング講座(ハサミセット/右利き)

提携団体のバックアップで通信講座でもハンデなし。業界で求められるトリミングスキルを習得!

ペット業界で必要とされる知識や技術を身につけ、独立・開業のビジネスチャンスを掴む。

ナビゲーション